ダウン症になったときの対応 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

ダウン症と妊娠中に判明しても出産する

妊娠中ダウン症だと告げられたとしたら、どうしますか?

激しく動揺するかもしれませんが、実際に超音波検査や羊水検査をした上で、我が子がダウン症だと判明しても出産するという方もいらっしゃいます。

ブログなどでも紹介されている方はいらっしゃいますが、我が子として妊娠したのだから、ダウン症だとかそういうことは関係なく、自分自身のこととして受け止めるという強い意思を持ってのことのようです。

実際のダウン症の子供のいるご家庭は、色々大変なことはありのようですが、一応に出産された喜びに満ちたモノが多いのが印象的です。

ですから、妊娠中ダウン症とわかって、出産するということはなんてことないということも言えます。

勇気を出して、可愛いい我が子、出産の日まで頑張りましょう。

妊娠8ヶ月、ダウン症の疑い

妊娠8ヶ月を過ぎるころは、体も慣れ、そろそろ出産準備も終わりに近づくときです。

妊娠中の検査などで、心配な事がある方などは、医師だけではなく、相談できる人や施設に出向きましょう。

特に、ダウン症の胎児と判明した方は、生まれてくるわが子のために、ダウン症のことを勉強しておくことお勧めします。

妊娠8ヶ月というと精神的にも落ち着いているときですが、体がしんどいときは無理は禁物。

ダウン症を障害と見るか個性と見るかは個人の自由ですが、ダウン症の独特のものはあります。

生まれてくる前にある程度の整理をしておくと、後が楽ということもありますので、余裕がありましたら、やってみてください。

自閉症とダウン症、妊娠中の心配事

染色体の異常と原因の分かってるダウン症と併発するもので自閉症があります。

障害のことを妊娠中に考えると、ひょっとして我が子も?と思ってしまいますが、決してないということでもあります。

ダウン症の診断は妊娠中にも分かりますが、自閉症に関しては、妊娠中の判断は難しいといわれますし、発見も遅れることでしょう。

生まれてからのことを妊娠中にあれこれ心配するのは胎教にもよいことでありませんが、ダウン症だって、自閉症だって、自分の子として生まれてきたということを自覚することです。

他人とは違って、少しだけテンポがゆっくりなダウン症自閉症の我が子をしっかりと受け止められる受け皿を妊娠中に確立できれば、無用な心配事の悩みも消えますよ。

妊娠初期にダウン症とわかったら?

妊娠の自覚症状と共に、産婦人科で診断をうけ、一定期間の妊婦検診へ行くことは義務ではないですが、当然のことと位置づけられています。

保険外であることを理由に、高額な診察料を払わなければなりませんが、妊娠初期から色々な検査が必要とされています。

病気ではない妊娠ですが、ひとつの生命を育むという意味においては、女性ならではの大仕事。

生まれてくる赤ちゃんは絶対に五体満足ではないという現実もあります。

例えば、妊娠初期に分かってしまうダウン症。染色体異常によるものですが、身体的な特徴や知育の面で心配なこともあるのは確かです。

しかし、ダウン症は早期発見、早期訓練によってはず改善と改善されるとのことです。

妊娠初期において、ダウン症の診断があったとしても、落ち込むことなく、これからのことをしっかりと考えていきましょう。