ダウン症と妊娠の関係は? 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠の経過とダウン症

妊娠経過していくうちに、ダウン症の診断を受けることがあります。

染色体異常のダウン症で、稀に遺伝することがあり、妊娠上位表示している本人や近い親族にダウン症死しがいる場合などは問診の時に答えましょう。

しかし、たいていのダウン症は突発的ですし、特に高齢出産のリスクが言われることですが、実際は若い年齢での妊娠でもダウン症はゼロではありません。

妊娠経過と共に、ダウン症の特徴が顕著になったり、反対に可能性が薄くなるということも考えられますし、妊娠中にはダウン症の経過が全く見られないけれど、出産後にダウン症でしたということもあり得ます。

こればかりは医師の腕のせいではなく、妊娠経過ダウン症は、出産のその日まで100%の絶対はないということになります。

ダウン症候群の症状

ダウン症候群の症状は、母親にとってのショックは非常に大きく、母親に対するケアが大切でカウンセリングを積極的に受けることが大切です。

ダウン症候群では、鎖肛、 先天性心疾患(特に早期の治療を行わないと致命的となる)、先天性食道閉鎖症、白血病など高率に内臓の奇形を伴っていることが多く、知的障害、先天性心疾患、低身長、筋力の弱さ、頸椎の弱さ、視力低下、難聴があり、青年期以降にはストレスから来るうつ症状・早期退行を示す者もいるが陽気な性格であることが多いといわれています。
精神発達遅滞が認められたり、40歳以降にアルツハイマー病が高確率でおきる場合があります。
釣りあがった小さい目を特徴とする顔貌や手のマスカケ線などの外見がみられます。
治療方法はないですが、現在では平均寿命は50年程度に延びており、4年制大学を卒業した人もいるように、早期養育が発達の助けに良いと言われています。

ダウン症候群の検査とその対処法
妊娠14〜16週ごろに行う、多くの産婦人科病院で簡単に行える羊水染色体検査で判明することが一般的で、検査結果が出るまでに2〜3週間かかります。

出生前検査によって 胎児がダウン症候群と診断されても、母体保護法によって胎児の問題での中絶は認められていないため、それだけでは人工妊娠中絶適応にはならない。
ただし、母体保護法によって「人工妊娠中絶を行うには、人工妊娠中絶手術を行う母体保護法指定医師によってその必要があるかどうかの認定」が必要であるため、行う医療機関と行わない医療機関が存在するようです。

このような理由から、出生前検査は現在でも大きな議論となり、ダウン症の発見には、医学的見地からは35歳以上の高齢妊婦に出生前検査を行うと高率に発見されてくるといわれているが、ダウン症の産み分けにつながるとして患者や人権団体から強い非難を受けている一方、2人の障害児を持つことはその家族にとって非常なる負担となることから、障害児をもった親が2人目の障害児を避けるために検査を受けているということもあります。

妊娠とダウン症の関係は?


まずダウン症の症状について説明しておきたいと思います。

ダウン症状は、知的障害、先天性の心疾患、身長が低い、筋力が弱い、視力低下、難聴などが見られますが、ダウン症の人は明るい性格であることが多いです。

その上で、妊娠とダウン症の関係について考えたいと思います。

妊娠された方や相手の年齢によって違い、出生頻度は1000人に1人ですが、高齢出産によって頻度は増すといわれています。

ダウン症の検査は妊娠15〜16週ごろに行う羊水染色体検査で診断することが可能になっています。

初産の年齢が30歳以上から増え、35歳を越えるあたりから出生頻度は大きく増加するようですが、高齢で妊娠するからといってダウン症になるとは、限りません。

また、若い年齢層で妊娠したとしてもダウン症にならないとは限りません。