ダウン症の特徴、首の浮腫は妊娠中に分かる 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

ダウン症の特徴、首の浮腫は妊娠中に分かる

妊娠中の超音波画像において胎児のの辺りに浮腫がある場合、ダウン症の疑いがあります。

その画像だけでダウン症という判断は難しく、妊娠中の妊婦の年齢を加味した上で、その先のダウン症の検査である羊水検査を勧められます。

そのほかにも血液検査などからダウン症の疑いがある場合は、浮腫と合わせて、検査の必要性を言われることがあります。

ただし、妊娠3ヶ月くらいで見つかる浮腫の場合、経過をみることにより小さくなる場合もあるので、一概に妊娠中浮腫ダウン症とは言えないこともあるようです。

高齢出産であることやその他の検査などが医師が、妊娠中の過程において羊水検査などを決定すると思いますが、それに対しての決定権というのは、妊娠している本人にありますから、医師の説明をよく聞き判断をしてください。