AFP値が高いとダウン症になる? 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

AFP値が高いとダウン症になる?

妊娠中は様々な検査が続きます。

毎回行われる検査には、体重の増加と尿検査と腹囲の測定などですが、血液検査を定期的に行います。

これは、妊娠中の母体の為でもありますが、AFP値という検査があります。

AFP値のレベルが高いと、胎盤機能異常や死産のリスクが大きくなるといわれています。

神経管の欠陥やダウン症の子供が生まれるという結果もあります。

しかし、AFP値が高いので、ダウン症の子が生まれるかも知れないというだけであって、可能性が他の人よりも少しだけ高くなるということです。

医師より、妊娠時のAFP値が高いため、羊水検査を勧められたのなら、ご家族などと話し合い、納得の行く形で検査を受けてください。