妊娠中の検査 ダウン症の場合 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中の検査 ダウン症の場合

妊娠中の検査ダウン症に関するものは、羊水検査です。

これは、羊水を採取して、染色体を調べるものですが、検査の結果は1〜2週間程度でわかります。

羊水検査は、200人に1人の割合で、流産のリスクがあるといわれています。妊娠中の検査とは言え、危険だということを知っておいたほうがいいかも知れません。

この妊娠中の検査は、ダウン症のリスクが高くなる妊娠している年齢が35歳以上の方が多く受けられる検査のようです。

他には、超音波診断がありますが、胎児の頭部に浮腫が見られる場合、ダウン症の疑いが出てきます。

こちらは流産の心配もなく、胎児の成長が手に取るように分かるものです。