妊娠中の超音波画像でダウン症かどうか分かるかも? 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中の超音波画像でダウン症かどうか分かるかも?

妊娠13週くらいの超音波画像では、胎児は人の顔をしています。

大きさはハムスターくらいですが、体の部位はほとんど出来ています。

今の超音波画像はそこまで詳細な胎児を見ることができますが、この時期に後頚部に腫れが見られた場合ダウン症や心臓に異常のある確率の高い胎児であるという可能性があります。

ただ可能性があるというだけなのであまり不安に考える過ぎるのもどうかと思います。

もし不安でどうしようもない気持ちになったりするときは、同じ不安を抱えながらもダウン症ではなかったママさん達や同じ状況にあるママさん達も悩みや不安を相談しているサイトがあります。




こちらであなたも相談してみても良いと思います。

また超音波画像を医師がどう見るかにかかっていますが、ここでダウン症の判断は難しく、もっと調べるのならも、羊水検査へと続きます。

しかし、最近の検査では、超音波画像で浮腫があっても鼻骨が確認することで、ダウン症である可能性が低くなるということも分かっています。

このあたりの判断は医師によるものですが、妊娠しているときは何度も聞きたくなりますから、疑問のあることはどんどん質問していきましょう。