妊娠14週、ダウン症の検査 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠14週、ダウン症の検査

妊娠14週といえば、ダウン症の特徴である頭部の浮腫が見られるときです。
エコーで胎児を見ると、頭部が腫れているのが分かりますが、ここでダウン症の疑いがかけられます。

そして、羊水検査などを勧められ、羊水を調べると、胎児がダウン症かどうかの判断がつきます。

この妊娠中ダウン症検査は、結果が出るまで一ヶ月くらいの時間がかかります。

しかし、全ての病院で、指摘されるものではないので、事前にダウン症検査などについて聞いてみるといいかもしれません。

また同じような悩みを抱えたママさん達に相談しても良いと思います。

ピジョンインフォというサイトで妊娠や出産に関する悩みを抱えたお母さん達が情報交換していますので。




また妊娠14週というと、今一番胎児が育つときですし、母体もつわりなどで安定ないときですが、言うことは言っておいたほうがいいかもしれません。

その後ですと、検査事態も難しくなりますから、ダウン症かどうか不安な方、特に高齢出産の方は事前に言っておきましょう。