妊娠中の超音波検査でダウン症の可能性が? 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中の超音波検査でダウン症の可能性が?

現在妊娠中に行われる超音波検査では、様々なことが分かりますが、胎児がダウン症の可能性があるかどうかまでも分かってしまいます。

ダウン症というのは、染色体の異常から起こる体の異常な部分が見受けられる症状で、出生後、発育や知能の遅れ、短命などの症状もあることも多いです。

しかし、実際はダウン症の子供や大人も日本には多数生活しており、社会生活においても活躍の場は広がっています。

妊娠中超音波検査で、医師がダウン症の兆候かみられた場合、妊婦に告げるわけですが、その次の羊水検査を勧められると思います。

それで超音波検査よりもはっきりとダウン症であることを確認できるわけですが、その検査については任意となっていますから、よくよく考えてから決めてください。