ダウン症は妊娠中にわかる 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

ダウン症は妊娠中にわかる

妊娠中に胎児がダウン症だとわかる時代になってきました。

様々な検査をする上で、染色体異常であるということがわかる羊水検査で、胎児がダウン症であるという可能性が非常に高い確率て゜数字として出ます。

アメリカなどでは、このダウン症の可能性が高い高齢出産の場合、羊水検査を受ける人は多いです。

このことは日本ではあまりないことですが、もし胎児がダウン症などを障害と受け止めて、その後の処置を考えることが倫理的なことで物議を起こしているという背景もあります。

しかし、実際に育てるのは家族の問題ですし、ダウン症の子供の将来を考えての判断が難しいところです。

とりあえず、妊娠中ダウン症の可能性だけはわかるものですが、日本では羊水検査については、広まっていないということも確かなことです。