妊娠中の胎児の心拍数の確認、ダウン症の場合は? 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中の胎児の心拍数の確認、ダウン症の場合は?

妊娠中の検査に、胎児心拍数を聞くことがあります。

これは、胎児の心臓の動きを確認することで、今では一般的な検査といえます。

悲しいことですが、妊娠中心拍数がゼロになったとき、胎児の死を示すわけですが、流産のほとんどが妊娠中のトラブルではなく、最初から胎児になりきれなかったものだといわれています。

要するに受精の段階で、卵子も精子も完全ではなく、流産をしていた子がダウン症(染色体異常)であったというケースはよくあることです。

流産をしなくて、出産に至ったとしても、医師が手を出せない範囲だと仮定をして、ダウン症といっても、かなりの重度のもので、寿命そのものも極端に短いというケースもあります。

全部が全部そうだというわけではありませんが、染色体の異常、ダウン症の子はこのような危険な境界線を生まれてくるということです。