妊娠中のダウン症の特徴 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中のダウン症の特徴

染色体の異常に寄って起こるダウン症ですが、妊娠中に身体的な特徴を見ることができます。

超音波写真によって、頭部に浮腫があることが大きな特徴です。

医学用語では、『NT』といわれるものですが、その浮腫の中身はたんぱく質の固まったものといわれています。

この特徴が見つかると、妊娠中ダウン症の確認のため、羊水検査などが行う場合があります。

言われるままに検査を受けても良いのですが、検査と同時に流産の危険性と出生前のダウン症の診断は受けたくないという場合、その特徴を無視することも出来ます。

ダウン症ということで、この先の生活が不安だということで精神的に落ち込むという方にとっては、家族や医師との相談がとても重要になってきます。

ダウン症特徴を見つけた場合、今後のことをよくよく考えましょう。