妊娠中の兆候とダウン症 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中の兆候とダウン症

妊娠の兆候が分かるのは妊娠3ヶ月前後ですが、そのときの妊婦の年齢によって、リスクの確率が高くなってしまいます。

一番のリスクというと、妊娠中の胎児がダウン症であるということですが、高齢になればなるほど確率は高くなり、44歳で初産の場合は、40人に一人の割合でダウン症の子が生まれてしまう確率になっています。

妊娠の兆候と同時に、リスクのほか流産の心配もありますが、ダウン症の場合は、遺伝子レベルのものですから、妊婦がこうしたからという理由付けはありません。

ですから、ダウン症という診断を受けた場合は、しっかりと事実を受け止めなければなりません。

しかし、早いうちからのダウン症の診断は、対策も練られるので、心構えも出来ます。

妊娠の兆候があると同時に心配になる胎児のことですが、こればっかりはどうしようもないこと。

ダウン症といわれたとしたら、夫婦や家族でよく話し合ってみてください。