妊娠中のダウン症の検診 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中のダウン症の検診

ダウン症の検診の前に、妊娠中に超音波写真での胎児の身体的な異常の発見から始まります。

胎児の頭部から首にかけての浮腫が挙げられますが、そのようなものが見つかった場合、妊娠中に羊水検査、トリプルマーカーの検診を勧められます。

いわゆる出生前検診というものですが、これらの検診妊娠中ダウン症であるということを確認することができます。

ダウン症は高齢出産の場合。その確率が断然高くなるというデータが出ていますが、今では、ダウン症の検診などで20代でも発見されることがあります。

ダウン症を障害と見るか個性と見るかは、個人差がありますが、妊娠中のダウン症検診は、その後の親子やご家族の人生に大きくかかわることですから、医師とよく相談をしてください。