妊娠中の胎児がダウン症とわかるもの? 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中の胎児がダウン症とわかるもの?

ダウン症は染色体の異常によって起こる症状ですから、妊娠してから発症するのではなく、ダウン症胎児が宿るという考え方です。

ですから、妊娠中に何かをしたからというのではなく、受精した時点でダウン症ということになります。

現在は、妊娠中に胎児ダウン症かどうかという判断は大方できるようですが、100%の確率はなんとも言えません。

超音波写真での頭部浮腫などで、目で見て分かるダウン症の症状がありますが、その後は羊水検査などをして、出産前にダウン症と分かることもあります。
ダウン症胎児…ということで、その後のことですが、これは夫婦の問題として、よくよく話し合いを持つことで、今後ののことを決めなくてはなりません。

しかし、胎児ダウン症というのは、100%では分からない、出産時であっても、確立できないことです。

ですから、胎児ダウン症かどうかということは、ある程度しか分からないというのが現代医療です。