高齢出産のリスクにそなえよう 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

高齢出産のリスクにそなえよう

結婚する時期が以前より遅くなったり、医療技術の進歩で高齢出産リスクが軽減されてきたことにより高齢出産をする人は年々増加傾向にあります。

いくら医療技術が進歩したとはいえ、高齢の場合、卵子の劣化や老化などの原因により染色体異常が起こりやすくなります。
女性だけではなく、男性の方も加齢によって精子のDNAが損傷して悪影響を及ぼしやすくなります。

高齢出産でも正常な妊娠・分娩をしる人が多いですから高齢だからといってリスクばかりを考えるよりも、精神的にゆとりを持って出産にのぞんでいくという姿勢がいちばん大切なのかもしれません。

生まれてくる新しい命のために、ママがしっかりしなくてはいけませんね。