高齢出産とダウン症の関係 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

高齢出産とダウン症の関係

20代でダウン症が1,000人に1人以下なのに対し、35歳以降は3人、40代に入ると10人といったように35歳以上の出産の場合、ダウン症の発生率は急上昇します。

ダウン症の原因は、卵巣にたくさんの卵子があり、その卵子を早く排卵した20歳のママに比べて、35歳のママの卵子は排卵をずっと待っていたので早く排卵した卵子より、老化しているので若いママと比較すると、異常が少し増えることが原因といわれています。

このダウン症は先天的なものなので、もちろん若いママにも発生する可能性もあり予めの予防策はありませんので、妊娠初期に羊水検査や血液検査を行い、ダウン症かどうか判断することもできますが、検査の結果は中絶につながることもあり、倫理問題になっていてセンシティブな問題になっています。

産まれてくる命は尊いものですので、ますます増える高齢出産とダウン症の問題は、じっくり考えていかなければならない、今日的な課題なのです。