ダウン症候群について 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

ダウン症候群について

ダウン症候群とは?
一般的に21番目染色体がトリソミー(三倍体)を形成することで生じる先天性の疾患群でダウン症とも呼ばれている。

ダウン症候群が発見されるまでフランス人のジェローム・レジューンによって、1959年、21番目染色体の3倍体形成が生じていることが発見された。

WHOによって1965年に「Down syndrome(ダウン症候群)」正式な名称とすることが決定された。

英国医師ジョン・ラングドン・ダウンによって1866年に学会発表された。
ちなみに、最初は特徴的顔貌を捉えて「Mongolism(蒙古人症)」または「mongolian idiocy(蒙古痴呆症)」といわれていた。