妊娠とダウン症の関係は? 妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠とダウン症の関係は?


まずダウン症の症状について説明しておきたいと思います。

ダウン症状は、知的障害、先天性の心疾患、身長が低い、筋力が弱い、視力低下、難聴などが見られますが、ダウン症の人は明るい性格であることが多いです。

その上で、妊娠とダウン症の関係について考えたいと思います。

妊娠された方や相手の年齢によって違い、出生頻度は1000人に1人ですが、高齢出産によって頻度は増すといわれています。

ダウン症の検査は妊娠15〜16週ごろに行う羊水染色体検査で診断することが可能になっています。

初産の年齢が30歳以上から増え、35歳を越えるあたりから出生頻度は大きく増加するようですが、高齢で妊娠するからといってダウン症になるとは、限りません。

また、若い年齢層で妊娠したとしてもダウン症にならないとは限りません。