妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法

妊娠中にダウン症と見極められるか?

妊娠中見極めというのは、なかなか難しいものです。

最近のエコーは進化していますが、実は生まれてみないと分からないということがたくさんあります。

同じように生まれてみてダウン症じゃなかったというママさんが実は結構多いことも事実です。

ピジョンインフォのお悩み相談で是非、そんな事例なども見てはいかがでしょうか?

もしかしたら違うかもしれませんので、事前に色々と情報を集めては同じような経験をされた先輩ママさんからアドバイスを聞くと良いです。




実際にあったこととして、体重にしても、大きいとばかりもっていたが、出産時はそうではなかったということもありますし、ましてダウン症のような症状に至っては、それらしい発見は出来るけれど、実は、ということがあるようです。

誤診とみるかどうかは、個人の判断ですが、機械の限界というものもあるようです。

ですから、羊水検査にいたって、胎児の染色体を調べた上で、妊娠中ダウン症と言われた場合は、かなりの見極めと見てよいと思います。

しかし、100%のダウン症というのは、出産時、もしくは数年経ってからということもありえるということです。

妊娠4ヶ月、ダウン症の可能性

妊娠4ヶ月の時点でのダウン症可能性の心配があるときは、医師に告げてみましょう。

エコーの検査で、胎児の首に浮腫がある場合、第一にダウン症が疑われます。

しかし、妊娠4ヶ月ということで、医師がすぐに即答をしない場合、ダウン症可能性の疑いは少し晴れるかも知れません。

今後の経過次第でということで、妊娠5ヶ月あたりから、本格的なダウン症の検査などを行う場合もありますが、例え首の浮腫があったとしても、次のエコーではもうなくなっていたとか、小さくなっていたというケースも多々あります。

ですから、まだ妊娠4ヶ月ではダウン症可能性と決め付けるのは早いです。

医師の診断と言葉もですが、出産のその日が決定です。

妊娠12週のエコーとダウン症

妊婦検診でお楽しみのエコー

エコーは胎児の成長で目で見えるわけですが、ダウン症の兆候である首の辺りの浮腫を指摘されることがあります。

その際の医師の言葉によりますが、まだ妊娠初期ですから経過を見ますという内容か、羊水検査を勧められたりすることもありますから、注意深く聞いておきましょう。

また同じような悩みを抱えているママさん達に相談してみるのも良いと思います。




まだ妊娠12週ですと、医師の判断でもなんともいえませんし、羊水検査自体が流産のリスクもあることから、ここは慎重になることだといえます。

自分の状態と同じような状況でダウン症ではなかったママさんの体験談などもピジョンインフォで相談してみて、アドバイスを貰うのも良いと思います。

ですから、妊娠12週あたりでは、エコーで見える胎児もまだよく分からないということが言えるかもしれません。

経過を見るという医師の判断に任せ、次のエコーはドキドキで待ちましょう。

妊娠中の胎動とダウン症

妊娠中に感じる胎動は、妊婦だけにしか分からない不思議な体験です。

体内で、命が宿っていることの証明ですから、定期的な胎動は母親になる実感をより高くしてくれます。

ところで、ダウン症胎動は関係ないと言われています。

胎動が弱いとその子はダウン症ということはいえないということです。

確かにダウン症のこどもは動きが活発ではないということはありますが、そのことと胎動とは全く関係ないと思っても良いと思います。

妊娠中胎動の有無だけが問題であって、強弱は子供の成長やダウン症とは関係ないということです。